イメージ

お腹がでてきてしまってぽっこりお腹で悩んでいる方もいるでしょう。

なんとかお腹をひきしめようと、食事や筋トレをして腹筋を鍛えて改善しようとがんばった方もいるかもしれません。

多少はお腹まわりがすっきりした場合でも、ぽっこりお腹が完全になくなることはなく、あまりダイエットの意味がなかったと諦めてしまうケースもあります。

 

中年太りとしてお腹が出てくる場合には、代謝機能の低下や腹筋の筋力低下なども考えられます。

そのため食事制限や腹筋を軽く鍛える程度でもある程度の効果も期待できますが、ぽっこりお腹の場合には、下腹がポイントになります。

 

下腹の筋力が弱まり、内臓が下に下がってきているため、ぽっこりお腹になってしまっている場合が考えられます。

 

そのため、下腹をある程度引き締めるための筋力トレーニングをすることが大切です。

 

また、骨盤のゆがみなどによってもぽっこりお腹になる場合があるので、下腹を引き締めるためのエクササイズなどをするのも有効な手段です。

 

スタイルが徐々に変化してしまい、体重が増えてしまった。

また、脂肪がつきやすくなって、なかなか落ちないと悩んでいる場合には、食事制限や運動によるダイエットは有効だといえます。

 

ですが、どこの部位が太っているのか、またはスタイルが崩れているのかに合わせてダイエットの仕方がかわってきます。

間違った方法では、効果はほとんどでませんので、まずは、自分の状態を把握して、適切なダイエット方法を考えることが大切です。

 

また、ダイエットや運動が苦手な方はサプリメントを上手に採りいれることもいいでしょう。

身体にいいサプリメントでぽっこりお腹を解消した方もいらっしゃるようです。

トシさんという40代の方のサイトです。

>>ぽっこりお腹解消に40代男がサプリのみで挑戦!!