イメージ

 

中年になると、若い頃は食べてもほとんど太りもしなかった方でも、お腹がぽっこりと出てきてしまうことがあります。

ぽっこりお腹の原因としては、加齢に伴う代謝機能の低下や、慢性的な運動不足などによる筋力低下などが原因といわれています。

 

若い頃は、特に何もしていない場合でもある程度代謝機能があるため、あまり極端に太ることがなかった方もいるでしょう。

ある程度食べても痩せているため、それほど太るということを意識していない場合もあります。

 

ですが、中年になると代謝機能は徐々に衰えてきてしまい、若い頃と同じような生活スタイルを続けていると、体のほうは中年太りしてしまうこともあります。

 

お腹以外はそれなりに痩せているイメージでもお腹だけでてしまうと、スタイルがあまりよくありません。

ダイエットをしてある程度改善していくことも大切です。

 

ぽっこりお腹をある程度改善するためには、適度な運動をして、弱ってしまった体、筋力などを鍛えましょう。

特にお腹の筋肉、腹筋をしっかりと鍛えることは大切です。

 

また、食事の量なども若い頃のように好き勝手な食生活は控えるようにして、健康を意識して、バランスのよい食事、また適量な食事を心がけることも大切です。

 

肥満を解消することは、自身の体の健康維持にもつながります。

 

中年太りしたからと諦めずに、できるところから改善していき、ダイエットだけでなく自身の健康のためにもスタイルを改善していきましょう。